市場調査

事実の数値化だけでない、課題解決に向けた"真実"の可視化と示唆

課題を解決に導く「答え」を出すための市場調査を行います。
現状把握、解決すべき課題の明確化、傾向分析、施策方向の検討・決定などを全力でサポートします。

定量調査

インターネット調査・モバイル調査​・CLT(会場調査)・HUT(ホームユーステスト) など

市場調査領域における当社の最大の強みは定量調査にあります。


ビジネス課題解決に必要な情報を定量的に可視化するのが定量調査です。


多くの定量調査は、「AがBよりxポイント高い。AとBの間には相関係数xが存在する。」と、調査データとしての事実が綴られます。これが『市場調査は役に立たない』と言われる理由の一つだと考えています。


当社の市場調査はよりビジネス課題に寄り添った、解決志向の実践的アプローチです。


「なぜその施策が上手く行かなかったのか。」「どの程度の市場を獲得できれば成功と言えるのか。」「人気ランキングでは見えない、顧客ニーズの真実はどこにあるか。」等、事業者が本当に必要な情報を可視化することが出来ます。

定性調査

1on1インタビュー(デプスヒアリング)・FGI(フォーカスグループ)・ユーザビリティ調査 など

プロダクトアウトで事業が推進されている場合には「なぜ顧客が自社商品を購入してくれたのか」「顧客が欲しているニーズの真実は何か」といった消費者心理に寄り添うことで、新たなソリューションやイノベーションを生むヒントを得ることが出来ます。

​​耐久財・消費財に特化したプロフェッショナルなインタビュアーが、決められた時間内で最大限の"真実"を抽出するためのヒアリングを行います。

海外調査

定量調査・定性調査・海外市場参入調査・製品ローカライズ調査 など

国内市場で成功をおさめた企業・商品が海外進出を行う際には、市場の有望性や機会・リスクを予め可視化することが重要です。

既存の国内事業をそのまま海外で展開を行ったとしても成功確率が低いために、短期的な事業撤退を迫られるケースが多いようです。

成功確率を上げるための計画策定には、現地の市場環境や顧客ニーズの可視化・分析が必要不可欠です。当社は豊富な海外調査経験に加え、海外での事業立ち上げを実践してきたメンバーが中心のため、机上の空論ではない、より実践的でリアルなビジネス課題の探索が可能です。

また、当社の海外拠点であるシンガポールにおいては多様なアジア属性(人種)を対象とした市場調査が可能です。

ビジネス環境分析

​デスクリサーチ・競合ヒアリング調査 など

新規参入の意思決定に必要な判断材料を収集・可視化します。

先行市場における主要プレイヤーの顔ぶれや、なぜそのプレイヤーの事業が成功しているのかといった背景や理由、また社内組織構造や利益構造などに至るまで徹底的にリサーチします。(本サービスはベストエフォート方式のご提供となりますので予めご了承ください。)

​貴社の事業成功確率を上げるため、市場での成立要件を当社視点で集約・提言を行います。